鍼治療は痛いのか?

「鍼治療って想像しただけで痛そう...」「お灸ってすごい我慢する感じですか?」

鍼灸治療を受けたことのない方からこういった言葉をよく聞くことがあります。

 

私の治療に限っていえば、痛くないとは言えませんし、熱くないとも言えません。

ただ、鍼の痛みは、間違って画鋲を踏んづけるようなものとは全く違い、お灸も時代劇などで見るような

歯を食いしばって熱さを我慢するという類いのものとは違います。

 

そこで今回は、まずは鍼治療の痛さについて触れてみましょう。

 

鍼を痛いと感じる感覚には大きく2つあると思います。

一つは切皮痛(せっぴつう)と言われる鍼を刺した瞬間に感じるチクッとした痛み

もう一つは刺針痛(ししんつう)と言われる鍼が刺さった後、体の奥の方にズーンと響くような感覚です。

 

これも私の治療においてということですが、前者の切皮痛はNGと考えていて、患者さんが「痛っ」と言ったとき「チクチクした痛みですか?」と尋ね、万一そうだという場合は鍼を抜きます。

自分で鍼を受ける経験からも、この痛みはただ不快なだけなので、これを起こさないよう配慮しています。

 

問題は後者の刺鍼痛です。

奥の方でズシッと響くような感覚は鍼治療特有のもので、指でツボを押すようなものとは全く違います。

中医学では「得気(とっき)」と言って、この感覚のない鍼は効いていない!という考え方があります。

 

ただこの響きが苦手という方もいて、特に日本では「無痛鍼」といわれ切皮痛はもちろん響きも出さない鍼が好まれる傾向もあるようです。

 

私自身は響きのない鍼を受けると、かえって気持ち悪さが残ってしまうので、それなりに響きのある鍼でないと効きを感じないのですが、小児鍼のブログの中でも少し触れたように、鍼灸は体表反応を重視した治療法であるとの考え方もあるので、比較的鍼を浅く刺すような無痛鍼が効くという方も多くいると思います。

 

この痛みに関する感覚は、治療院や先生によっても考え方がいろいろあるところで、鍼が刺さっている感覚を出す必要がないとする先生や、痛み、響きをださなければ治療にならないとしている先生もいます。

なので鍼治療を受ける際には、そのあたりをどのように考えている治療なのかを聞いてから受けるのもよいかと思います。

 

ちなみに私の治療の中では、鍼が不快な感覚がないか都度訪ねていて、何にしても我慢する感覚がないようにしています。

響き感が気持ちよいと感じる方もいれば、不快と感じる方もいたり、鍼を受けてみたいけどちょっと怖いという方もいるので、患者さんに感覚を聞きながら鍼の種類やツボの取り方などで出来るだけ我慢や不快感のない治療になるよう心がけています。

 

 

最後に鍼治療を受けているとき気をつけたいのが、鍼が刺さった後にビリッと電気が走るような痺れ感を感じる場合です。

 

これは、鍼が神経に触れてしまって起こるもので、完全に失敗の状態といえます。

特に初めて鍼治療を受けた方がこれが鍼の刺激だと思い我慢していた結果、その後しばらく痺れて感覚が鈍くなってしまったという話を聞くことがあります。

 

この刺激は尋常ではないので、普通我慢出来るものではありませんが「鍼は痛いもの」というイメージで受けると、この刺激を歯を食いしばって我慢してしまうケースもあるので、そういうときには「先生!ビリビリして痛いです!」と訴えることをおすすめします。