ともや堂 四方山の事


エコと衛生 それとご報告

2020年9月現在、当院で行っている新型コロナウイルス感染防止を踏まえた衛生対策等について紹介致します。

過去ご紹介したプラズマクラスター空気清浄機の導入、施術後毎に行う次亜塩素酸水での消毒も引き続き実施しております。

またご来院時の手指の消毒にも引き続きご協力をお願い致します。

 

タオル・シーツ類:以前施術で使用したタオルやシーツは、次亜塩素酸ナトリウム水溶液の噴霧で消毒していました。

9月からは消毒の精度を高めるため、バックヤードに紫外線殺菌灯(UV-C:253.7nm)による消毒設備を設けました。

使用後のタオル・シーツ及び施術着は使用直後にここで消毒を行った上、洗濯をしております。当然、同日中の使い回しは行わないものとしております。

 

更衣室のお茶:施術前後の水分補給のため、更衣室に麦茶と湯飲みを置いております。湯飲みはご来院の患者さん毎に洗浄、消毒済みのものを置いてありますので、安心してご利用下さい。

当然ポットも毎回全体を次亜塩素酸水で消毒しております。

 

フェイスガードの使用:施術中はフェイスガードを使用することとしておりますので、ご了承下さい。

 

領収書の電子化:メールやLINEで領収書のPDFファイルを送らせていただく方法を始めました。

もちろん紙の領収書の発行もいたしますので、必要な場合はお気軽にお申し付け下さい。

 

以前は、使い捨てのシーツや紙コップ等を使用しておりました。

もちろん、使ったら廃棄することが衛生上有効であると考えますが、現在のコロナ感染防止対策の影響でゴミの量が爆発的に増加しているという話もあります。

病院施設などにおいては安全上仕方のないことではありますが、今後も長く続くであろう状況の中で膨大な使い捨てを続ける事に疑問をもち、兎も角手間をかけることでカバー出来る衛生対策は試みて行こうと考えています。

 

ご報告

皆様よりご支援いただきました「にこ研」さんの募金箱

一ヶ月弱で6,282円のご支援をいただきました!ありがとうございました!

理事の谷内様曰く、こんなに沢山入れていただいた募金箱は初めて!とのコメントをいただき、私もとても嬉しい想いです。

募金箱での応援は引き続き行いますので、是非皆様のご支援をよろしくお願い致します。

また、いただいたご支援の使い道なども改めてご報告していく予定です。

 

2020年9月

NPO法人 にこ研 親子のえがお研究クラブを応援します

ご縁があって都留市を中心に子育て支援をされているNPO法人「 にこ研」 親子のえがお研究クラブさんの応援を始めました。

にこ研さんに興味を引かれたのは、制度にあてはめた支援をするのではなく、何が必要か一緒に考えて行こうというスタンスで活動されている所です。

 

コロナ禍の影響で多くの方が様々な困りごとを抱える中、小さなお子さんをお持ちのご家庭では何を助けて欲しいのか分らなくなっているような状況もあるかもしれません。

 

そんな中でも「とりあえず何か話してみませんか?」という、にこけんLINE de 吐き出そう会というユニークな活動を行うなど、「一緒に考える子育て支援」が今後とっても大事な支えになっていくのだろうなと思いました。

 

そういった所から、此の事業を少しでも応援して行くことが、子供を守る事などの大きな社会貢献につながるものと考え、全くの微力ながら先ずは私にも出来る応援からして行こうと思いました。

 

待合室に募金箱がありますので、皆様からもご支援いただけますと嬉しいです。

また、より確りとした活動支援もあるようなので、併せてご覧下さい。

 

ちなみに鍼灸(東洋医学)も患者さんの辛さに寄り添って、一緒に改善のお手伝いをして行く医療と考えています。

こういう強くて柔らかい繋がりって、今後すごく重要になってくるのだと思っています。

 

写真:にこ研代表理事とご家族の皆様

2020年8月

次亜塩素酸水での院内消毒

少し晴れやかな気分にでもなろうかと、ユニフォームを明るい色にリニューアルをしました。

このユニフォームを購入することで、僅かではありますが「国境なき医師団」に寄付が出来るとのことだったので、少し派手な色かなと思いながらもこちらに決めました!

 

一日のご予約数については、引き続き5名までとさせていただきます。

予約が取りづらくご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力をお願い致します。

 

新型コロナウイルス対策として、院内消毒の徹底を行っておりますが、スプレー散布による消毒を以前の次亜塩素酸ナトリウム水溶液から次亜塩素酸水(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム水溶液:約350ppm)に変更しました。

 

先日経済産業省及び厚生労働省から、次亜塩素酸水(80ppm以上のもの)であれば十分な量の散布の上、20秒以上置いてからの拭上げであれば新型コロナウイルスの不活性に効果があるという発表がありました。

 

スプレー散布での使用の場合、次亜塩素酸ナトリウムよりも次亜塩素酸水の方が使用時の安全性が高いと判断してのことです。

 

次亜塩素酸水での消毒の詳細はこちらをご覧下さい

厚生労働省 新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

経済産業省 「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項

2020年7月

新型コロナウイルス接触確認アプリ

端くれとはいえ医療従事者である責任として、厚生労働省から発表されたアプリをスマホに入れました。

 

その他、6月中もご予約人数の制限については、引き続き実施とさせていただきます。

目新しいお知らせはありませんが、皆様の不調の改善と健康維持に貢献出来るよう、精一杯の努力を続けてまいります!

 

 

2020年6月

ご予約人数の制限実施について

新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、当面の間は一日のご予約人数を5人までとさせていただきます。

当院は平時から、患者さん一人ずつの施術を行っており、予約時間が重ならないように調整させていただいておりますが、今後万が一に備えて施術後の院内消毒の徹底に加えて、開窓換気も十分に行った上で次の患者さんへの施術を行っていきます。
この事を継続して確実に実施していくためには、これまでよりも時間に余裕を持ってご予約の調整をとることが必要と考えました。

衛生環境を整え、患者さんの健康維持に全力を尽くしたいと考えております。

予約件数が限られてしまう事で、ご不便をおかけしてしまう事もあるかと思いますが、何卒ご理解頂けますよう、お願い致します。

2020年4月

空気清浄機導入しました

新型コロナウイルス感染予防策として、ダスキンさんからプラズマクラスター空気清浄機をレンタルして院内に導入しました。

 

換気と浮遊・付着ウイルスに対して大きく貢献してくれるものと考えております。

ちなみにこの空気清浄機、3月1日の厚労省の公表以降、会社や工場などで導入件数が非常に増えているそうです!

新型肺炎の感染拡大防止のために

当院では平時から更衣室の洗面所には、ウイルス除去に有効とされている手洗い石鹸と消毒ジェルを置いています。

使用後の施術ベッドやクッションは都度、次亜塩素酸ナトリウム水溶液(0.05%濃度)の散布と拭上げで消毒しています。

使用したタオル類も次亜塩素酸ナトリウム水溶液の噴霧及び紫外線消毒をして、続けて同じものを使用しないようにしています。

厚生労働省の案内では現時点で、物の消毒には次亜塩素酸ナトリウムが、手指消毒にはアルコールを用いる事が新型コロナウイルスの消毒に有効であるとしています。

また私自身、毎日のバイタルチェック(血圧と1日2回の検温)で体調確認も行っています。

 

以下富士吉田市ホームページでの新型コロナウイルスに関する案内です。是非ご確認下さい。

富士吉田市 新型コロナウイルスに関連した肺炎について

 

治療院の電力は100%再生エネルギー

といっても、太陽光パネルや自家風力発電の装置があるわけではありません。

GREENaという100%再生エネルギーを供給する電力会社の利用をしています。

冬寒く夏暑いこの鍼灸院...とにかくいろいろ考えて、古民家なのにエアコンをつけました!

これまで冬は石油ストーブをガンガン使うという状況でしたが、化石燃料の大量消費は何とも心苦しい...(だから車も手放しました)住宅が密集している場所なのでペレットストーブも気がひける...

そんな諸々を考える中で、少しでも自然環境、もっと言えば地球環境を考えた施設にしたいと思いました。

折角富士山の麓に居るのだから、大きな事は出来ないまでも少しは環境保護に貢献したい。